口コミ評価の高いレビトラとチェックリストの活用

チェックリスト日本人男性の性の悩みの一つが、勃起不全です。
男性は、性的な刺激が脳に伝わると、脳から信号が送られて、陰茎海綿体の動脈が拡張します。そして、血液が流れ込み、勃起するのです。
しかし、何らかの理由で陰茎海綿体の動脈が広がらないと、十分な量の血液が流れ込まないため、満足な勃起が得られないことがあるのです。
生活習慣病を患うと、血管や神経に問題が出てくるため、勃起不全を発症するリスクが高くなるのです。
勃起不全には、心因性の勃起不全と、体が原因で起こる勃起不全があります。若い男性が発症する勃起不全は、心因性の勃起不全であることが多いです。
一方、中高年世代の男性が患っている勃起不全は、生活習慣病が原因の勃起不全が多いのです。
加齢により、血管は衰えていきます。陰茎の動脈硬化が進むと、勃起不全が起こりやすくなります。
動脈硬化は、生活習慣病と深い関わりがあるのです。糖尿病や脂質異常症、高血圧症などの生活習慣病は、勃起不全の原因になりやすいので、日頃から注意しておく必要があります。
チェックリストを作っておき、勃起不全の原因となるようなものがあれば、排除することが大切です。勃起不全の治療薬の中で、口コミでの評価が高いのが、レビトラです。
レビトラの主成分は、勃起を抑えるPDE5という酵素を阻害します。レビトラは、服用してから効果が現れるまでの時間が短いです。また、長期の服用により、安定した効果が得られます。
ただ、重い心臓病がある人は、レビトラを使用できません。レビトラは、硝酸薬と併用すると、血圧が急激に下がることがあるので、硝酸薬との併用は避けます。
レビトラを処方してもらうためには、医師の診察が必要になります。