レビトラと食事の関係について

食事ED治療薬として最初に登場したバイアグラは画期的な薬であったので世界中でかなりの関心を集めて現在でも数多くの愛用者がいます。
しかし、バイアグラにはED治療薬としては扱いづらい問題があり、それが食事の影響を受けやすいという事です。
バイアグラがどうして食事の影響を受けやすいのかというと、食事の中に踏まれている脂肪分が食べ物を食べた際に膜を形成し、それが薬を服用して体内に吸収されるのを邪魔するからです。
その欠点を改善して登場したのがレビトラであり、レビトラは食事の影響を受けない事がメリットの一つとして挙げられます。
ただし、ここで注意をしておいてほしいのは食事の影響を受け無いとはいっても標準的な食事の場合での話であり、食事の影響を全く受けないという訳ではないです。
そしてそれは総エネルギーの脂肪の割合が30%以内とはなっています。
これは見方を変えると食事内容によっては影響を受けるという事であり、標準的と言われている食事量であったとしても食事の中の脂肪の割合が高くなればその影響を受ける可能性が考えられますし、食事量自体が多ければその影響を受ける事は大いにありうると言えます。
その標準的な食事というのも問題であって、外食で一人前の量であったとしても標準的な食事量を超えてしまう可能性は十分にあるのです。
そのために空腹時に服用してしっかりと効果が出るようにするのが望ましく、食事をする場合は脂肪分を控えめの食事にしたうえで控えめに食べておくのが良いです。
食事の影響を受けないという部分だけが理解されている場合もあるのですが、ここで述べたように全く影響が無いという事を保証しているわけではないので注意が必要です。